ISMS基本方針

ISMS基本方針

当社は、株式会社アサツー ディー・ケイを核とするADKグループの総合プロダクションとして、CM・映像、番組制作、映画製作、グラフィック、セールスプロモーション、イベント、デジタルクリエイティブ、ダイレクトレスポンス、ポストプロダクションなど、広告・コンテンツビジネスの全域に渡る企画制作等の分野を業務領域として事業運営に取り組んでおります。


こうした事業運営に際して、当社としてISMSの基本方針を定め、これに基づき、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、その運用、監視、レビュー、維持および改善を通じて情報管理の精度向上に努めてまいります。


  1. 当社は、役員および社員に対して、情報セキュリティに関する意識を高めるために必要な知識の習得や訓練を受ける機会を提供するとともに、情報セキュリティに関する法令およびその他の関連法令、ならびに内部規程、さらには契約上のセキュリティ義務を順守します。また関連法令や経営方針の変更などに伴い、内部規程を見直し、継続的な改善に努めます。
  2. 当社は、当社において選別された情報について基本特性としての機密性、完全性、可用性および信頼性が確保されるよう管理責任を明確にしたうえで、重要な社内情報資産として取扱い、適正な管理を行います。
  3. 当社は、常にセキュリティインシデントの発生予防に努め、万一発生した場合でも適切に再発防止策を実施できるように努めます。また災害なども含め、緊急事態を想定した事業のあり方と事業継続に関する計画を策定するとともに定期的な見直しを進めます。


2018年3月28日
株式会社ADKアーツ
代表取締役 鈴木 一彦